水たまりより狭く、日本海溝より深く

今日も一日脳筋解決。脳みそこねこね

MacBook Air 11 inch Mid 2012 Modelをデスクトップ機のように使う

こんばんは。しょぼんです。

 

さて、現在僕はMacbook Air 11 inchをメインマシンとして使っています。

 

Macbook Air 11 inchはモバイル用途としては非常に優れた(バッテリ容量

を除く)端末です。軽さ、薄さ文句なし。

 

ただ、メイン機として使うには若干貧弱です。

USBポートの少なさ(USB 3.0が2ポート)

解像度の低さ(1,366 x 768)

画面の小ささ(11.6インチ)

オーディオ周りが貧弱

長時間キータイプするには向かないキーボード

筐体のトラックパッドで操作するのはちょっとつらい

SSDの容量の少なさ

光学式ドライブがない

 

 

さて、こいつを他のデバイスを用いて解決させます。

 

・USBポートの少なさについて。

 

これはAC電源駆動のUSB3.0対応USBハブを購入すれば

解決できます。 自分が導入予定のUSB3.0ハブは

400-HUB019です。

2012/11/19時点の平均値段は4,180JPYくらいです。

USB3.0ハブに関してはUSB3.0コントローラの相性問題

などが発生しており、当たり外れがあるみたいです。

この辺りはちょっと覚悟して購入する必要がありますね。

 

・解像度の低さ、画面の小ささについて。

 

Macbook Airt 11 inch Mid 2012にはThunderboltポートが搭載されています。

僕が導入したモニタは Apple Thunderbolt Display。

27インチ IPS液晶パネルを採用していて、価格は84,800JPY。

価格は強烈ですが、背面にGigabit Ethernetポート、USB2.0ポート * 3、

Firewire 800 *1、Thunderbolt *1を搭載しています。おまけにMBA

電源供給できるMagic Safeアダプタ付き。

このディスプレイのおかげでMacbookAirの弱点をある程度カバーすることが

できます。ただ注意点としては、Thunderboltコントローラの仕様上、

ディスプレイ出力は1系統しかできないので、背面のThunderboltポートに

Tunderbolt Displayをデイジーチェーン接続することはできません。

 

・オーディオ周りが貧弱について。

これはおとなしくUSBオーディオインタフェースを購入しましょう。

僕が今使っているインタフェースはCREATIVE Sound Blaster X-Fi Go!Pro

だいたい3,250 JPYほど。値段の割には結構良い感じになります。

次回導入予定機はSE-U33GXV  10,590 JPY

 

このUSB DACにアンプをかませても良いのですが、今回は

BOSEのCompanion 20を導入しました。 23,020JPY

こいつなら内蔵アンプが優秀なのでUSB DACから直挿しで問題ありません。

 

・長時間キータイプするには向かないキーボードについて。

この当たりは宗教もあるでしょうが、僕的にはPFUHappy Hacking Keyboard Pro 2

をお勧めします。世界が変わります。マジで。値段は少々高めの18,000JPY

 

・筐体のトラックパッドで操作するのはちょっとつらい

ちょっとばかしトラックパッドが狭く、ジェスチャしにくいです。

というか今回の使い方だとクラムシェルモードで運用するので、

筐体のトラックパッドは使用できません。そこで、

Apple Magic Trackpad 6,800JPY を購入します。

これで操作性については飛躍的に向上します。

 

SSDの容量の少なさについて。

USB3.0ポートや、Thunderboltポートがあるので外付けケースで対応

しても良いのですが、冗長構成で組みたいのでここはNASサーバを構築します。

おすすめはNETGEARのStora 6,980JPY。安価ですが結構安定して動作してくれます。

ここに、Western DigitalのHDD 2TB 6,800 JPYを2台挿し、RAID1の論理ボリュームを

構築し、MBAからアクセスするようにします。

 

・光学式ドライブがない

これについては、USB接続の外付け光学式ドライブを購入しましょう。

どうせなら、Apple USB Super Drive 6,800JPY を導入します。

(ぶっちゃけ外付けのなら何でもいいよ)

 

・その他

Macbook AirをThunderbolt Displayの後ろにマウントできるキットを導入し、

ケーブル周りをすっきりさせましょう。

Twelve South BackPack v2 2,980 JPYを導入し、背面にマウントします。

 

 

・まとめ

長かったですが、大体上記にあげた物を導入すれば割と満足して作業ができると

思われます。何かの参考になればさいわいです。ちなみに費用は以下の通り。

 

MBAを購入しない場合:177,750JPY

MBA11 inchと一緒にそろえた場合(最低構成):262,550JPY

MBA11 inchと一緒にそろえた場合(Ultimate Model):320,550JPY

 

Q.何でMac Proかわねーの?

A.メイン環境を携帯したいからそれはなし

 

Q.バカじゃねーの

A.あたりめーだろ 目覚ませ