水たまりより狭く、日本海溝より深く

今日も一日脳筋解決。脳みそこねこね

【新人応援連載】これからネットワークエンジニアを目指す君へ #2

不定期連載っぽくなってますね・・・
新しい仕事にやっとこさ慣れてきたところなのでこれからどんどん頻度あげていきたいと思います!


さて、第2回目は「そのコマンド、大丈夫ですか?」です。

え?どういうこと?って思ってる方が大半だと思います。

順を追って説明したいとおもいます。

  • コマンドの怖さ

コンピュータは人間と比べてあまり頭がよろしくありません。

たとえば、道を歩いているときに目の前に大きな穴が空いているのが
確認できたら人は「このまま進むと危ない」と脳が判断し、回避行動を
取るように脳が指示をだします。

ところが、コンピュータの場合与えられたコマンドを粛々と実行します。
たとえシステムを破壊するようなコマンドであっても気にせず実行します。

  • あなたが操作しているシステムは誰の物?

さて、あなたが操作しているシステム、サーバは誰の物でしょうか?
自分の物や会社の検証機なら最悪吹き飛ばしてもあまり問題にはなりません。

ですが、これがお客さんのシステムだとどうなるでしょう?
そのシステムのミッションクリティカル度によっても変わりますが、
最悪業務がストップし損害賠償をしなければいけない事態に陥る恐れがあります。

  • コマンド実行時は必ず確認を!

さて、そんな悲劇を回避するためにはどうすればいいか。
そう、確認すれば良いんですね。

LinuxやWindowsに精通している人は素早くコマンドをタイプし、
実行しがちと思います。確かに素早くコマンドを入力できるのは
非常に素敵なことなのですが、業務では必ず確認するようにしましょう。

コマンドを入力し終えたら一度手を止め2度、3度確認し、それでも問題
ないようなら実行します。ミッションクリティカル度が高いシステムを
触る際は、二人で作業をしてダブルチェックを行うと非常に良い感じです。


  • きちんと確認できるエンジニアは格好いい

2度、3度確認を、と聞くとスマートじゃない、格好悪いと思う人も
いるかもしれませんが、実は仕事においては確認できない人の方が
格好悪いのです。きちんと確認できるエンジニアは格好良いのです。
お客さんの評価も良くなります。


  • まとめ

確認をきちんとできる格好いいエンジニアを目指しましょう!

【新人応援連載】これからネットワークエンジニアを目指す君へ #1

新社会人の皆さん! おめでとうございます!

社会人の扉を開いて1週間が経ちました。会社にはもう慣れましたか?

さて、当Blogではこれからネットワークエンジニアを目指す新人さん
向けに覚えておきたいTips、お作法について少しずつ紹介や解説する
記事の連載を開始します。

「これからネットワークエンジニアを目指す君へ」連載開始です!
できる限り頑張って内容を簡潔にわかりやすい物にしていきたいと思います。

※ここでのネットワークエンジニアとは以下の業務に携わる人を指します。
・サーバの構築、保守エンジニア
・ネットワーク構築、保守エンジニア


どうぞ宜しくお願いします!

【新人応援連載】これからネットワークエンジニアを目指す君へ #0

さて、そろそろ4月も見えてきたこの頃。

4月より入社される学生さんたちもそろそろテストが終わり後は
卒業式に出るだけだって人が多いかもしれませんね。

本日から新人応援連載記事「これからネットワークエンジニアを目指す君へ」
を開始していこうかなぁと思います。


最初は今度は行ってくる新人のために何か作ろうかなぁと思っていたのですが、
どうせなら他の人にも見てもらおうと思い、企画しました。

掲載記事内容は
・ネットワーク基礎知識
・サーバOS基礎知識
・オペレーションする際に気をつけたいこと

上記3つを中心に基礎的なことを載せていけたらなぁと思います。


# きまぐれではじめたこの企画 いつまで続くのでしょう。

外部接続されていないCentOSのアップデート方法

ちょっと気になったのでさくっと検証しました。

想定する状況としては
・現行サーバのOS VerはCentOS 6.2
・外部ネットワークには接続されていない
・サーバはssh接続可能である
・サーバのODDは使えない

まず作業端末でCentOS6.3のイメージを用意します。

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.3/isos/x86_64/
CentOS-6.3-x86_64-bin-DVD1.iso

作業端末からscpを使って対象サーバにファイルを送信します

scp CentOS-6.3-x86_64-bin-DVD1.iso <Username>@<Address>:<Path>
Ex: scp CentOS-6.3-x86_64_bin_DVD1.iso mgmt@172.16.86.128:/tmp

サーバでマウント先のディレクトリを作成します

mkdir /mnt/iso

マウント先のディレクトリを作成したら、isoイメージをマウントします

mount -t iso9660 -o loop /tmp/CentOS-6.3-x86_64-bin-DVD1,iso /mnt/iso

yumのリポジトリを設定します。

vi /etc/yum.repos.d/dvd.repo

dvd.repo

[dvd]
baseurl=file:///mnt/iso
enable=1
gpgcheck=1
gogkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6

保存が完了したら以下を実行します。

yum clean all
yum -y update
(厳密にはこう:yum --enablerepo=dvd --disablerepo=base,extra,updates -y update)

これで完了です。

Rails環境構築(2013/02/02)

いろいろと調べたことをメモ

rails newしたときについでに僕の代わりにいろいろやってほしい!

-> Application Templateを使うと幸せになれるよ

オプション指定するのすら面倒くさいよ!

-> ホームディレクトリに .railsrcおいて中にオプション書けばいいよ

Githubの使い方

-> GithubでNew Repositoryする

-> ローカルで以下実行

touch README.md

git init

git add README.md

git commit -m "first commit"

git remote add origin <ウィザード参照>

git push -u origin master

git remote add origin <ウィザード参照>

git push -u origin master

Gitのファイル除外設定がしたい

-> gitignoreファイルを使う

git config --global --add core.excludesfile "$HOME/.gitignore"

-> $HOME/.gitignoreをガリガリ書く

deviseとは

-> Rails用の認証エンジンだよ

Macbook Air 環境再構築

昨日の京都であったGithubの講演を聴いてきました。

Githubのアカウントは作ってたんですが、放置状態でした。

 

今回の講演を聴いてRailsっておもしろいんじゃないかなと

感じたので、ちょっとRails始めてみようと思いました。

 

Railsを始めるに当たり、MBAの環境があまりにも

カオスな状態だったので、クリーンインストールしました。

 

備忘録としてインストールしたアプリを列記します。

 

homebrew

zsh

libtool

Imagemagick

git

mysql

pow

rbenv

 - ruby 1.9.3-p374

   - rails 3.2.11

   - powder

   - guard-pow

 

TeX

LaTeXiT

TeX Live Utility

 

iTerm2

MacVim

Firefox

V2C

夜フクロウ

Acrobat

Lightroom

ATOK

t.free

Memory Clean

VMware Fusion 5

 

syslinuxとESXi

お久しぶりです。

 

家に設置してるPowerEdge 2900のSAS HDD8本のうち、2本を

友達にあげたので、RAID再構築してESXiをインストールしようとしました。

 

家に外付けのODDドライブがないので、USBメモリにsyslinuxをインストール

して、そこにESXiのISOイメージの中身を展開して、USBメモリからインストール

しようとしました。

 

実はこの手法は以前から導入しているもので、ODDドライブがなくても、

ESXiをぶち込めるので愛用していました。

 

今回久しぶりにやろうと思い、syslinux 5.00をダウンロードして展開し、

win32ディレクトリの中にあるsyslinux.exeを利用してsyslinuxをUSBメモリ

インストールしました。※ここではUSBメモリはFドライブとします。

 

C:\tmp> syslinux -a f:

 

これでsyslinuxがUSBメモリにインストールされます。

 

次に、ESXi 5.1のISOファイルをマウントし、中身をすべてUSBメモリ

中にコピーします。

 

コピーが完了したら、ISOLINUX.CFGをSYSLINUX.CFGにリネームします。

これでESXiインストーラのできあがりです。

 

こいつをPowerEdge 2900に挿して起動し、USBメモリからブートします。

すると、

menu.C32: not a COM32R image

というエラーメッセージが表示されます。これはSYSLINUX.CFGの

DEFAULTがmenu.C32になっているため表示されます。

 

手入力で以下のように入力します

boot: mboot.c32

 

さぁこれで起動するはず・・・ でしたが、mboot.c32の読み込みに

失敗したというエラーが表示されます。

 

念のため別PCでUSBメモリの中を見てみますが、mboot.c32はきちんと

あります。 なぜ読み込みに失敗するのでしょう・・・?

その後USBメモリをフォーマットしてやり直したり、

syslinux.exe -ma f: などを実行してみましたが変わらず。

 

そういえば以前成功したsyslinuxのVerが4.04だったので、4.04

でやり直してみたところ、無事にmboot.c32が読み込まれ、ESXi

のインストーラが立ち上がりました。

 

どうやらこのあたりのVerはアセンブラからCに置き換わったVerの前後

だそうで、もしかしたらそれが原因なのかもしれません・・・

(差分がわからないレベルだったそうなのですが・・・)

 

もし、syslinuxとESXiの組み合わせでうまいこといかなかったと

方はsyslinux 4.04で再度試してみてください。